不動産活用に必要なマンション管理等の手間は業者への依頼で削減

土地代金を節約

相談する人

店舗併用住宅の未来像とは

独立開業して店舗を開店する場合には、最初は賃貸店舗を活用するのが通常のスタイルである。しかし経営が軌道に乗って土地の購入と店舗の建設資金が確保できたときには、店舗併用住宅を建築するのが理想的であろう。店舗併用住宅は自宅と仕事場が直結している点が最大のメリットであり、業務の効率化が実現できるであろう。また将来的には住宅メーカーの建築プランを利用するケースも増えるために、建物のグレードがより一層高まるであろう。しかも住宅メーカーが店舗併用住宅向けの注文住宅の建築プランを提案することで、立地条件と業種に合わせて設計が行えるであろう。また狭小地であっても、敷地を最大限に生かして広い居住スペースを確保することも可能であろう。

施工事例を参考にして計画することの重要性

店舗併用住宅を新築する場合には、様々な施工事例を参考にしてから建築プランを考えるべきである。特に繁盛店を目指すためにも、インパクトのある外観を目指すべきであろう。しかし働きやすさを考えたときには、店内の間取りや設備の配置も計画的に行うことが理想的である。そのために設計プランを構築するときには、店舗デザインのスペシャリストの意見も参考にするべきであろう。また店舗併用住宅を建築する場合には、設計やデザインにこだわるだけではなくて、建築費用にも注意することが重要である。特に店舗を経営しながらローンが返済できるように、マネープランもしっかりと立てるべきであろう。そのためには新店舗の収支のシミュレーションを行ったうえで、建築予算を決めるべきであろう。