不動産活用に必要なマンション管理等の手間は業者への依頼で削減

働きやすさを見る

赤いマンション

テナントが求めるサービスの未来の姿

貸事務所に入居するテナントは、物件を探すときにの効率性を重視するのが一般的である。したがって物件を探すだけではなくて、オフィスデザインも含めた総合的なサービスがますます求められるであろう。そのために事業用の賃貸物件を取り扱う不動産会社では、今後もワンストップサービスの充実に力を入れるであろう。また貸事務所に入居した後も、快適なオフィス環境で仕事ができるように、多様なサービスを求める入居者が増えるであろう。特にセキュリティーを重視する企業の増加が予測されるので、将来的には不動産会社と警備会社の連携も強まるであろう。またコンシェルジュサービスを求めるテナントの増加に伴って、人材育成に力を入れる不動産会社の増加も予測可能である。

賃貸オフィスを選ぶときに注目するポイント

企業が貸事務所を探すときには、賃料の安さだけではなくて仕事のしやすさも重視するべきである。したがって物件を探すときには、現地を見学してオフィスを移転したときの環境をイメージするべきであろう。また将来的に事業拡大の予定がある場合には、やや面積の広い貸事務所を選ぶのが理想的である。しかしコスト削減を第一目標にする時には、裏通りに立地する物件を選んで、固定費の削減を実現するべきであろう。またテナント募集中の物件を探すときには、分割可能な物件を選ぶのが効率的である。分割ができる賃貸オフィスであれば、必要とする面積だけ借りることもできるであろう。そのために希望する立地で、リーズナブルな賃料の優良物件に入居可能であろう。