経営を始めるなら

自分でお店などを経営したいと考えているなら、自分で一から事業立ち上げる方法もありますが、最近はフランチャイズ経営も選択肢として増えています。では、個人経営とフランチャイズ経営とではどのように異なるのか確認してみましょう。

個人経営とフランチャイズ経営の違い

個人経営

自分で会社の経営方針や商品、サービスなど全て決めていきます。自分の中に明確なプランや、やりたい業種がある場合には、個人でスタートしていく人が多いでしょう。また、広告や集客なども個人で行っていきます。

フランチャイズ

経営の本部があり、既存の商品やサービス、マニュアルや経営方針などをもとに、自分でお店を運営していくことができます。また、研修やサポートも受けられますし、個人ではできないような規模での広告が可能です。

経営を始めるなら買取や介護フランチャイズがすすめ

握手

未経験者でもできる

フランチャイズなら、経営未経験者でも挑戦することができます。会社員から「以前からこの業種に興味があった」ということでフランチャイズ経営を始める人も増えています。また、不安があった場合や、失敗があっても本部に相談をしながら経営を進めていくことができます。

男女

最近人気の介護フランチャイズ

フランチャイズといえばコンビニなどがメジャーですが、最近は介護フランチャイズも増えてきています。自分で介護業界に参入しようと思っても、ノウハウを一から身に付けていくことは大変です。フランチャイズだと、本部があるのでそこで研修を受けながら開業できます。

女性

必要な資金

経営を始めるなら必要になるのが経営資金です。フランチャイズの場合には、比較的低い資金からスタートすることができます。業種によっても異なってきますが、介護や買取のフランチャイズなら100~500万円ほどが一般的です。

男性

フランチャイズを選ぶ

優良なフランチャイズを選ぶには、その業界での長く実績を上げている企業がいいでしょう。また、企業や業種によっても報酬金の支払いや条件などが異なってきます。それをしっかりと事前に確認して後からトラブルがないようにしましょう。

フランチャイズの種類

  • コンビニ
  • ラーメン
  • レストラン
  • ネットカフェ
  • 買取専門店
  • クリーニング
  • 介護や医療

[PR]
クレジットカード決済代行なら即日対応
決済サービスの確認をしよう

[PR]
業務用食器を購入
3日以内に出荷してくれる

[PR]
介護フランチャイズの情報を調べる
オススメの情報を確認しちゃおう